CanonRock動画

クラシックの名曲でパッハベルが作曲したカノンをロックにアレンジしギターで演奏することがYou tube流行しています。

アレンジをしたのは台湾人のJerry C氏。

ピッキングハーモニクスやスウィープを多用して、やや荒いながらも美しい旋律を残したままロックな曲にアレンジしたものが、 世界中のギタリストに評価され、その曲をコピーし、アップすることが流行しました。

まずこれが原曲です

Cannon Rock (Jerry C)


ところどころミスがあるものの、流石はオリジナル。高度なプレイをなんなくこなしています。

多数のギタリストがこの曲をコピーしていますが、そのなかでも人気があるのがFuntwo氏の演奏


帽子をかぶっているのでよくわかりませんが、アジア系の方のよに見えます。
ところどころ自分流のアレンジが加えて演奏しています。
ただ、フェンがリングが難しい部分を工夫して簡単にしたアレンジかと思われます。
特に、最初の大スウィープをタッピングを絡めて綺麗に弾いている部分が秀逸です。
Jerry Cと比べると、魂を込めた荒さはないですが、シンプルで聴きやすい音を作り、模範的な演奏をみせてくれています。
本家Jerry Cと同じぐらいに好評のようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ