マイケル・シェンカー(Michael Schenker)

メタル界では「神」と呼ばれるギタリストです。

確かに上手いのですが、他にも神と呼ばれておかしくないギタリストをさしおき、なぜマイケルシェンカーだけが「神」と 呼ばれるのかは、不明です。

理屈もなにもなく、ただギターの「神」。

それがマイケルシェンカーなのかもしれません。

メインで使っていたギターは、かの有名なフライングV。

この座って練習することができない変則ギターをいったい何人のギタリストが魅了されて手にとったことでしょうか。

マイケルシェンカーフレージングはペンタトニックを中心に組み立てた、非常にオーソドックスなスタイルです。

革新的な奏法を作り上げたわけでもありません。

その基本に忠実な奏法の積み重ねで、聞いている人を虜にする泣きのフレーズを作り出しているのが マイケルシェンカーの特徴です。

ただし、フレーズはベーシックでも、奏でる音色と、指使いは非常に変則的です。

まず音色ですが、中域の音をブーストして、極端に中域をブーストした音が特徴です。

これはJEN社のクライベイビーというワウペダルを常時ONにして、ある点まで踏み込んで固定することで作っています。

実際には、マイケルのクライベイビーは自分用に改造をしてあるようで、自分以外の人間には誰も触らせないそうです。

ワウペダルを使わなくても、イコライザーをつかって中域をあげると似たような音をつくることができます。

同じく中域を極端に持ち上げる音を出すギタリストにB’Zの松本孝弘がいますが、彼がワウペダルをつかっているのか どうかは不明です。ただ、マイケルシェンカーの影響を少なからず受けているのではないでしょうか。

次に、フィンガリングですが、これも強い個性をもっています。

まず、極端に中指を多用します。通常ならば薬指を使うフレーズも、強引に中指を使います。

これにはメリットも特にないので、マイケルならではのクセといってもいいかもしれません。

どう考えても薬指や小指を使えば楽なフレーズなのに、それでも使わないのは、ギター初心者からも「神」と 呼ばれる立場としてどうかと思うのですが、とにかく頑として使わないようです

6弦を多用するのもまた特徴の一つです。

6弦特有の太い音を求めての事だと思いますが、よほど速いフレーズではない限り、 6弦上でポジションチェンジをして引き倒すフレーズがとても多いことに驚きます。

このように、非常に個性的で、時には基本を無視したプレイのマイケルシェンカーですが、 その圧倒的な存在感と、人々を感動させる泣きのギターワークから、彼は「神」と呼ばるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ