ヴァン・ヘイレン(Van Halen)

1978年「炎の導火線」でデビューしたアメリカのバンドです。

収録曲「ユー・リアリー・ガット・ミー」はキンクスのカバー曲ですが、ギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンが 曲中で披露したライトハンド奏法が、当時のギターキッズの間で一大ムーブメントを巻き起こしました。

彼らの特徴は、トリッキーなギタープレイだけではありません。エディの兄であるアレックスのパワフルな ドラムや、ヴォーカルのデイヴ・リー・ロスのキャラクターも人気の秘密だったはず。

曲調もハードながらキャッチーなメロディーのものが多いようです。他に有名なのは「プリティー・ウーマン」 や「ジャンプ」など。発表から何十年経った今でも、新鮮さを失っていません。

デイヴの脱退後はサミー・ヘイガーがヴォーカリストとして活躍しました。

現在はデイヴが復帰し、脱退したベーシストの代わりにエディの息子が参加して再び活動するという ニュースが聞こえてきますが、どんな曲を聴かせてくれるのでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ