スコーピオンズ(Scorpions)

ドイツが誇る、1972年デビューのバンドです。

リズムギター担当のルドルフ・シェンカーが中心となって結成されました。一時は弟のマイケル・シェンカーも在籍。

「恐怖の蠍団」でデビューしましたが、人気に火がついたのは1976年リリースの「狂熱の蠍団」がきっかけでしょう。

代表曲としては「ヴァージン・キラー」が挙げられます。この頃在籍していたギタリスト、 ウルリッヒ・ロートの流れるようなプレイが、ハードな曲調と相まって印象的。

ヴォーカルのクラウス・マイネの歌声も、透明感を感じさせつつダイナミックです。

あとは1982年にリリースされた「ブラックアウト」も、全米10位という売上げを記録し、 スコーピオンズの名盤に挙げることができます。

他には「禁断の刺青~ラブ・アット・ファースト・スティング」など。

このバンドの魅力は、何と言ってもライブにあるかもしれません。

フロントマンが並んでのパワフルなパフォーマンスは圧巻。スタープレイヤーだけが目立つのではなく、 全体的なまとまりで聴かせるタイプのバンドと言えそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ