オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)

元ブラック・サバスのヴォーカリスト。サバス脱退後、ギタリストのランディー・ローズと結成したバンドです。

1980年に「ブリザード・オブ・オズ」「ダイアリー・オブ・ア・マッドマン」と立て続けにリリースし、 「ダイアリー~」はプラチナアルバムに輝いています。

ランディー・ローズはルックスの良さから女性ファンも多く、テクニック的にもギターキッズがこぞって 「ミスター・クローリー」のソロ部分をコピーするなど、人気あるギタリストでした。

へヴィメタルといっても、悪魔っぽさを出しつつもどこかユーモラスなオジーのキャラクターからか、 比較的聴きやすい楽曲が特徴のようです。

トミー・アルドリッジの華麗なドラミングも魅力でした。1982年にランディーは飛行機事故で死亡、 後任ギタリストとしてジェイク・イー・リーを迎え「バーク・アット・ザ・ムーン」をリリースしています。

ジェイク脱退後は3代目ザック・ワイルドが加入。

1990年にオジーは一度、引退宣言をしており(これは結局撤回されたようですが)、 2003年にバイク事故で命も危ぶまれるほども大怪我を負います。しかし翌年復活を遂げました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ