モトリー・クルー(MOTLEY CRUE )

1981年デビューの、LAメタルと称されたアメリカのバンドです。

代表アルバムは「シャウト・アット・ザ・デビル」そして、1989年リリースで全米1位に輝いた 「ドクター・フィールグッド」など。初期の代表曲は「ライブ・ワイヤー」になるでしょう。

当時ラットと並び称されたバンドで、ラットに比べるとハードさを強く押し出しているように思われます。

ボーカルのヴィンス・ニール、ベースのニッキー・シックス、ドラムスのトミー・リー、ギターのミック・マーズという ラインナップで、悪ガキがそのまま大人になったような雰囲気が漂っています。

派手な風貌通り、ドラッグや交通事故、度重なる逮捕など話題には事欠かないバンドでもありました。

しかし毒っぽさのあるファッションは、この時期のロック少年少女に多大な影響を与えたのではないでしょうか。

サウンド面ではリフ中心でハードかつ疾走感があり、しかもどこか不安定な危うさも感じさせてくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ