ジューダス・プリースト(JUDAS PRIEST )

1969年、イギリスで結成されたバンドです。

1974年発表のデビュー作「ロッカ・ローラ」から「背信の門」あたりまでは複雑な展開を多用した ブリティッシュロックで、衣装も王子様風な感じでしたが「ステンド・クラス」の頃から段々と ハードさを増していき、「殺人機械」でヘヴィメタルバンドへと変身を遂げた感があります。

この頃までの代表曲としては「エキサイター」「ザ・リッパー」など。

アルバム「ブリティッシュ・スティール」でついにメタル・ゴッドと自分たちを呼ぶようになりました。

曲調がハードになっても、中核をなす基本的なサウンドはツインリードとヴォーカルの ロブ・ハルフォードの5オクターブを誇るハイトーンであることは変わりません。

彼らの傑作である1982年発表の「復讐の叫び」で、メタルゴッドの位置を不動の ものにしたと言えるのではないでしょうか。

ただ次の「背徳の掟」が最高傑作だという声もあり、そのあたりは意見の分かれるところです。
ライブでのアンコールで、ロブがハーレー・ダビットソンに乗って出てくるパフォーマンスは有名。 「様式美」なる言葉も、彼らが元祖かもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ