ディオ(DIO)

元レインボー、元ブラック・サバスのヴォーカリスト、ロニー・ジェイムズ・ディオが結成したバンドです。

1983年に「情念の炎」をリリースし、中世を思わせる様式美的なメロディーの中に、 硬質なメタルのハードさをちりばめたサウンドが特徴。

特に大ヒットとなるような曲やアルバムはないものの、息の長い活動をしていますし根強いファンを獲得しています。

代表曲は、やはり「情念の炎」の中の「スタンドアップ・アンド・シャウト」や「ホーリー・ダイヴァー」でしょうか。

特に「スタンド~」は、ビビアン・キャンベルの早弾きギタープレイが光る疾走感溢れるナンバーです。

ロニーの、アンプに例えれば「マーシャル」のような太く伸びのある声は、小さい頃にやっていた トランペットの腹式呼吸が役立っているそうです。
ファーストアルバムをリリース後、 何度かメンバーチェンジをしていますが、他にどんなメンバーが加入してもロニーがいる限り 「DIO」は「DIO」であり続けるのです。

ちなみに、荒木飛呂彦氏の有名な漫画、「ジョジョの奇妙な冒険」では、エアロスミス、 イギー、ヴァニラアイスなど、洋楽アーティストの名前が多数使われていますが、その最大の敵役 「ディオ・ブランドー」はこのDIOからとってものだと思われます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ