エーシー・ディーシー(AC/DC)

1973年にオーストラリアで結成されたバンドで、アンガス&マルコムのヤング兄弟(ギター)が中心になっています。

「地獄のハイウェイ」などをリリースしましたが、ヴォーカルのボン・スコットが急死するというショッキングなニュースの後、 ブライアン・ジョンソンを迎えて再活動しました。

その後「バック・イン・ブラック」「悪魔の招待状」という代表アルバムをリリース。「悪魔の招待状」では、 ビルボード1位を獲得しました。

曲調はブルースを基調としたハードロックで、弟のアンガス・ヤングがリードギター、兄のマルコムがリズムギターを担当しています。

特にアンガスはランドセルに半ズボンという「スクールボーイ」のスタイルと、ギターを弾きながら激しい ヘッドバンキングをするパフォーマンスが有名です。

またバンド名の「AC/DC」とは、バイセクシュアルを意味するスラングですが、本人達はただ掃除機の 裏にそう書いてあったのをそのまま採用したということです。

ブルースがもとになっているせいか、ミドルテンポの曲でこのバンドの持ち味がいちばん光っているように思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ