スウィープ

英語でスウィープとは〔物の表面を〕掃く、払う」という意味です。
その言葉の通り、ピッキングはホウキで掃くように、ピッキングするテクニックです。

弦移動が多い速弾きフレーズをオルタネイトピッキングで弾こうとすると、どうしてもロスが出てしまいますが、 スウィープを使うことで、効率よく弾くことができます。



ピックの向き

【アップストローク】
sweep1
【ダウンストローク】
sweep2
ピックの向きは弦に対して水平になるようにあてます。
こうすることで、一音一音を粒の揃った音をハッキリと出すことができるようになります。

一昔前の教則本では、悪い例のようにやや傾けてあてる事で滑らかに弾くと教えられることもありました。

しかし、この方法ではリズムを取る事が難しく、音もこもってしまいます。

それゆえ、最近では悪い弾き方とされていますので、このようなクセがついている方は早めに直すべきでしょう。

【悪い例】

sweep3

ミュート

スウィープではミュートがとても大切です。

ミュートがしっかりできていないと、アルペジオになり音が濁ってしまいます。

しかし、ミュートをかけすぎてポコポコと鳴ってしまっては意味がありません。

直前に出した音を正確に止める技術が必要になります。

基本的に、ダウンストロークでは右手でブリッジミュートをかけ、アップストロークでは左手でミュートします。

特にブリッジミュートを正確にかけるためにも、ストロークは手首を固定し、腕を下ろす感覚で行います。 こうすることで、常に同じ位置でミュートをかけることができます。

2弦スウィープ(エコノミーピッキング)


まずは、2弦だけのスウィープで練習します。

この2弦スウィープは、エコノミーピッキングとも呼ばれ、高速フレーズでは非常に重宝するテクニックです。

オルタネイトと違ってリズムを取りにくいのが欠点です。

sweep2

【デモ再生】



3弦スウィープ


最も実用的で、譜面上でもよく見かけるのが、3弦にまたがったスウィープです。

下のフレーズは頑張ればオルタネイトでも弾けるかもしれませんが、スウィープの方が遥かにスムーズに弾けるはずです。

右手と左手のミュートに気をつけて弾いてみて下さい。

3sweep

【デモ再生】




5弦スウィープ

5弦、6弦にまたがったスウィープを通称ビックスウィープと呼び、ギターソロのなかでもここぞという 見せ場に使われることが多いテクニックです。

リズムをとることが非常に難しく、またミュートをしっかりと行わないと、必要のない音がアルペジオの ように鳴ってしまいます。
image31

【デモ再生】

サブコンテンツ

このページの先頭へ