ストレッチフィンガリング

左手の指が、1フレット以上離れたポジションを移動することを、ストレッチフィンガリングと呼びます。
ギタリストはモテると言われることがありますが、その理由の一つとして、ギターを弾く指の美しさがある からではないでしょうか。
ギターを弾く指が特に美しく見えるのが、このストレッチポジションを弾く瞬間です。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1弦3フレットと1弦8フレットのストレッチポジションです。

これだけ届けば、大抵のフレーズなら問題なく届くはずです。

手の小さい方にはややきついかもしれませんが頑張って下さい。

stretch2

後ろから見た画像です。

親指の位置に注目。

ストレッチフィンガリングは、クラシックスタイルの握りで行いますが、親指の位置をおもいっきり下にずらすことで、 指の稼動範囲は大きく広がります。

プロのなかには、ネックから飛び出している人もいるそうです。

親指がネックと直角になることも大切な要素です。

もちろん、手の大きさによるところがあるので、手の小さな方にはやや不利なフィンガリンクです。

しかし、ある程度のストレッチならば、指の使い方をマスターすれば十分実戦的なフィンガリングができるはずです。

下の譜面で練習してみて下さい。

【ストレッチフィンガリング練習TAB譜】
stretch
この譜面のストレッチポジションは、かなり苦しい部類に入ると思います。

特に、3フレットから8フレットへのストレッチは、手の小さい方には無理かもしれません。

これが苦しい方は、まずは2フレット分高音のポジションで練習してもかまいません。

ちなみに、実際の曲の中で、どうしてもストレッチではどうしても届かないフレーズに出くわした場合は、 無理に指を伸ばすのではなく、支えている親指ごと、一気にポジションチェンジをしてしまったほうが楽に届くことがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ