初心者のギターの選び方

初心者のエレキギター選び方と買い方

選び方・1 見た目で選ぶ

初心者がギターを選ぶポイントは、何といっても見た目。これがとにかく大事です。 音の違い、弾きやすさなんて二の次です。

憧れているギタリストと同じものは無理にしても、同じ種類、似たギターを選べばいいのでは ないでしょうか。

自分がカッコイイと思うギターを選ぶことが、その後の練習が楽しくなるために大切なことです。

選び方・2 ネックの長さで選ぶ

見た目が大事といいましたが、あえてひとつだけ選ぶポイントを挙げるとすれば、ネックの長さ かもしれません。

ギターのネックというのは、どれも同じように見えて、若干長さが違います。
一般的には、 ロングスケール、ミディアムスケール、ショートスケールの3種類があります。 (明確な基準ではありません)

とはいっても、ショートスケールは本数がかなり限られているので、ここでは対象からはずします。
そこで、ロングスケールか、ミディアムスケールのどちらを選ぶかなのですが、双方とも一長一短があり どちらがいいとは言えません。

手の大きな方はショートスケールを選ぶと、コードを押さえたときに余計な弦を触ったりと弾きにくいことが あります。
逆に手の小さな方がロングスケールを選ぶと、指が届かないということもあります。

ただ、ロングスケールかミディアムスケールかは、それほど大きな違いではありませんし、弾きにくいと感じる のは上手くなってからですから、それほど深刻に考えなくてもいいのかもしれませんね。

選び方・3 値段で選ぶ

一番最初に高いギターを買うのと、超特価のギターを買うのは、どちらがいいのかは人それぞれでしょう。
ピアノやドラムなど、とりあえず音ならば出せる楽器と違い、ギターは最初は音すら上手くだせません。 それゆえ、いきなり挫折することも少なくないのです。

絶対に挫折なんかしないという自信があるならば、最初に高いギターを買うことで、練習のモチベーションもあがるはずです。

しかし、ちょっと不安があるならば、最初はとりあえず安いもので揃えるというのも正しい選択です。

それに、まずは安いギターで練習し、音の違い、弾きやすさ、重さなどがわかってから、 憧れの高いギターを買っても遅くはないと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ