ピックの持ち方

ピックは人差し指の側面と、親指の腹でつまみます

とくに難しいことはありませんが、一つだけ気をつけるとすれば、人差し指の腹を使ってつままないということです。 この持ち方をすると、弦を弾いた時にピックがずれてしまうからです。

正しいピックの持ち方
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
人差し指の側面と、親指の腹でつまんでいます。 ピックの先は、フレーズにもよりますが、5ミリ前後を指先から出すようにします。

間違ったピックの持ち方
matigai

人差し指の腹でつまんでしまっています。ピックが左右にずれる原因になります。

残りの3本の指は、開いていても閉じていてもかまいません。

一般的には、コードストロークが多いギタリストは閉じていて、リフや、ソロが多いギタリストは開いていることが多いようです。

これは、開いているほうが、ブリッジミュートがやり易く、またタッピングへの移行もし易いという理由もあります。
いずれにしても、色々なギタープレイヤーの持ち方をみて、カッコイイ持ち方を研究するのもいいかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ