ブリッジミュート

ギターからでる音を止めることを、ミュートと呼びます。

大きくわけると、ミュートには音を出さない弦を左手で軽く触ることで止める通常のミュートの他に、 ピックで弦を触ることで音を止めるピックミュート、手のひらで音を止めるブリッジミュートがあります。

ここでは、そのブリッジミュートについて説明します。

ブリッジミュートとは、ピックをもった手のひらでブリッジを軽く触れることで、余計な音を出さないテクニックのことです。

ロックギターでは基本中の基本ですので、真っ先に覚えて下さい。

通常はリフの音色にメリハリをつける目的で行われます。

リフでのブリッジミュートは、音を完全には殺さず、音程がきちんととれる程度に、ポンと途切れるように鳴らすのがコツです。

では、実際の音を聞いてみましょう。

【ブリッジミュート無し】


【ブリッジミュート有り】


どちらも全く同じフレーズです。

ブリッジミュート無しで弾いたリフは、音が交じり合って汚く聞こえてしまうのに対し、ブリッジミュートを 使うことで一つ一つの音の粒が揃い、迫力のあるリフに聞こえるのが分かると思います。

ブリッジミュートは、リフだけでなく、アルペジオ、スウィープで弾くときもつかれるテクニックです。

特にスウィープでは、ダウンストロークの際にブリッジミュートを使い、アップストロークの際に左手で ミュートすることで、クリーンなフレーズを弾くことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ