ギターの種類

ストラトキャスター

エレキギターといえば、絶対に外すことができないのが、Fender社のストラトキャスター。
弾き易い形状と、サステインの長さ、独特の甘い音色などが特徴で、エリック・クラプトンや イングヴェイ・マルムスティーン、リッチーブラックモアなど、多数のギタリストに愛されいるギターです。

レスポール

Fenderストラトキャスターと双璧をなすエレキギターとしてが、Gibson社のレスポールです。
シングルコイルピックアップを搭載したレスポール・クラシックと、シングルコイルを二つ並べたようなダブルコイル (ハムバッキング)搭載したよりロック向けのレスポールモデルがあります。
太くてパンチのある音が特徴ですが、その形状から這いポジションがやや弾きにくいので、速弾きギタリストはあまり 使っていません。また、大きくて重量もあります。
ギブソンレスポールをトレードマークとして使うギタリストはスラッシュ、ザックワイルド、ジョンサイクスなど多数います。

フライングV

名称の通り、V字型の大胆な形状をしたギターです。
フライングVと言えば、なんといっても、ギターの神マイケルシェンカーが愛用するギターとして有名です
家で座って練習することができないという欠点があり、この形状に憧れて勢いで購入してしまった初心者は泣きを見る 結果になりがちです。ただしにカイ・ハンセンはV型のギターではないと、しっくりこないと言っているそうです。
フライングVから派生したモデルとして、ランディローズなどが愛用した、ジャクソン社のジャクソンVなどがあります。

エクスプローラー

ギブソン社が開発したギターです。
斬新な形状で、レスポールのように太い音色が特徴です。
ジャクソン社が、このエクスプローラーにそっくりの「ケリーギター」を販売していますが、ギブソン社と訴訟にまで発展した ことがあるいわくつきのギターです。

テレキャスター

ストラトキャスターと並び、フェンダー社の主力モデルとして、ジャンルを問わず多数のギタリストに愛用されてきました。 シングルコイルで、高音に伸びがある、チャキチャキとした音色が特徴です。
元BOOWYのギタリスト、布袋寅泰も白黒の幾何学模をあしらった同様の形状のギターを愛用していましたが、あれは フェルナンデス社のものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ