Chapter 6 右手でのミュート

 伸びている音を切るときは右手のミュートを使います。右手の手刀部分をリア・ピックアップの上辺りの位置で全ての弦に接触させ、音を断ち切ります。これをカッティングと呼びます。


▲ 音が伸びている状態から、右手を弦上に移動してミュートする

[EX.10]






右手のミュートには特別な記号がないため、休符部分で右手ミュートを使うことになります。音を切るタイミングも重要です。パワー・コードを音符の長さだけしっかり伸ばした後、スパッと右手でミュートしましょう。4小節目は細かな動きになりますが、右手は最小限の動きでプレイすることを意識しましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ