Chapter 5 ブラッシング

ブラッシングとは、左手で全ての弦をミュートした状態で右手でストロークしてジャカジャカというノイズを出す奏法です。ノイズを出すことが目的なので、どの弦をストロークするかといった細かな部分にこだわる必要はありません。パワー・コードと組み合わせてブラッシングを使う場合は、パワー・コードのコード・フォームをキープしながら左手全体を軽く浮かせて全弦ミュートしましょう。





パワー・コードを押さえている状態(上写真)から、そのままの形で指を浮かせ、中指を1~6弦に接触(下写真)するように移動させます。


[EX.9]

譜面



 ブラッシングの弾き方と、パワー・コードとの切り替えのエクササイズです。3、4小節目は、右手は常にストロークしていて、左手のコントロールだけでブラッシングとパワー・コードを切り替えるように弾きます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ