Chapter 10 ゴーストノート

音程や音の長さが不明瞭な効果音的な音をゴースト・ノートと呼びます。前述の条件にあてはまる音は全てゴースト・ノートなので、弾き方としては色々あるのですが、ここではグリッサンドを使ったゴースト・ノートを覚えましょう。任意のポジションをピッキングした直後に任意のポジションまでグリス・ダウンし、ギュイーンという派手な効果音を出します。”任意の”と書いたように、ポジションは特に決まっていませんし、毎回違ったポジションで弾いても構いません。


[EX.18]






パワー・コードとゴースト・ノートの組み合わせわロックで多用されます。この場合は大体6弦12F辺りからグリス・ダウンする感じになります。


サブコンテンツ

このページの先頭へ