初心者入門プログラム


超簡単な曲で、ロックギターの基本を学ぼう!!

はじめに

ロックギターの楽しさは、なんといっても、バンドに合わせて弾くことです。 初めてギターを弾いた方なら、その楽しさに感動してしまうかもしれません。 このプログラムでは、その感動を早く知って頂きたいために、とても簡単に弾ける課・・・

...続きを読む

Chapter 1 ダウン・ピッキング

弦を弾くことをピッキングと呼び、ダウン・ピッキングとは、弦を上から下へピッキングすることです。 ダウン・ピッキングがピッキングの基本動作になるのでしっかり練習しましょう。 ピッキングは手首の上下運動で行ないます。右手の手・・・

...続きを読む

Chapter 2 ストローク

右手の振りを大きくして、複数の弦を同時にピッキングする方法がストロークです。 ストロークでは手首を浮かせてフリーな状態にし、ダウン・ピッキングよりも手首の上下運動の幅を大きくします。ギタリストによっては、肘を支点にして腕・・・

...続きを読む

Chapter 3 パワーコード

ルートと5度という2音でできているのがパワー・コードです。理論面の解説は別の機会に譲りますが、このパワー・コードは名前の通りパワフルな響きが特徴で、ロックでは必ずといって良いほど使われる必須コードです。コード・フォームは・・・

...続きを読む

Chapter 4 ブリッジミュート

ブリッジに乗せた右手の手刀部分を少しだけ弦に触れる状態にして、弦の響きを弱める奏法をブリッジ・ミュートといいます。ディストーション・サウンドで弾くとザクザクというダークな音色になり、リフなどで多用される弾き方です。 弦に・・・

...続きを読む

Chapter 5 ブラッシング

ブラッシングとは、左手で全ての弦をミュートした状態で右手でストロークしてジャカジャカというノイズを出す奏法です。ノイズを出すことが目的なので、どの弦をストロークするかといった細かな部分にこだわる必要はありません。パワー・・・・

...続きを読む

Chapter 6 右手でのミュート

 伸びている音を切るときは右手のミュートを使います。右手の手刀部分をリア・ピックアップの上辺りの位置で全ての弦に接触させ、音を断ち切ります。これをカッティングと呼びます。 ▲ 音が伸びている状態から、右手を弦上に移動して・・・

...続きを読む

Chapter 7 ハンマリング&プリング

 ある音を弾いた後、高音側のポジションに指を叩きつけて音を出す奏法がハンマリングです。ピッキングしないで音を出すため、フレットのキワをめがけてしっかり指を叩きつけなければ強い音が出せません。とはいえ、力一杯叩きつければ良・・・

...続きを読む

Chapter 8 スライド&グリッサンド

スライドは、弦を押さえた指を別のポジションに滑らせて音の高さを変える奏法です。高い方向へのスライドをスライド・アップ、低い方向へをスライド・ダウンと呼びます。弦を押さえた指の力を抜かずに、そのままの状態で一気に別のポジシ・・・

...続きを読む

Chapter 9 チョーキング

弦を押さえている指を6弦側へ押し上げて音程を上げる奏法がチョーキングです。これはエレキ・ギター特有の奏法で、ギター・ソロでは多用されます。では、チョーキングのポイントを挙げましょう。 [1]指を揃える 薬指でのチョーキン・・・

...続きを読む

Chapter 10 ゴーストノート

音程や音の長さが不明瞭な効果音的な音をゴースト・ノートと呼びます。前述の条件にあてはまる音は全てゴースト・ノートなので、弾き方としては色々あるのですが、ここではグリッサンドを使ったゴースト・ノートを覚えましょう。任意のポ・・・

...続きを読む

Chapter 11 8ビートとシンコペーション

 1小節に8分音符が8個入るリズムが8ビートです(図5)。他にはジャズの4ビート、R&Bの16ビートなどがありますが、ロックでは8ビートがもっとも多く、16ビートがそれに次ぎます。  8ビートの奇数位置をリズム・・・

...続きを読む

Chapter 12 課題曲

お手本 カラオケ いかがでしたか? あなた、このプログラムを通して、ロックギターの基礎部分を練習することができました。 通常の教則本などに比べれば、格段に易しかったのではないでしょうか。 もちろん、ギターのテクニックはこ・・・

...続きを読む


サブコンテンツ

このページの先頭へ